リサイクルトナーはエコ

最近企業でも個人でもリサイクルトナーを利用される方が多くなっています。純正のトナーは金額が高く、すべての色をそろえるとかなりの金額になってしまいます。リサイクルトナーはかなり安くしかも品質に優れているものが多いので、利用される方が多いのです。

純正品トナーというのは、プリンターメーカーが製造し、販売しているトナーで、一般的に国内流通ブランド製品を指し、通常製品保証がある商品です。トナーにはメーカーのロゴが入っています。

汎用品トナーもあります。純正メーカーの中でも、自社でトナーの製造、販売を行っているというメーカーは少なく、通常、製造販売を行うOEMに製品の提供を受け、メーカーブランド名で販売だけをメーカーが行うという状態です。国内純正品とならないので、メーカー保証はありません。純正品同様の品質ですが、純正品とならないので、利用する側がどのように考えるかどうか、という商品です。

エコリサイクルトナーというのは、使用済みのカートリッジを分解、残っているトナーをきれいに除去、洗浄し、新品の部品等への交換を行って純正品トナーと同量のトナー充填など行い、組立し、テスト等をしっかり行って出荷、販売するものです。リサイクルトナーは利用する企業にとって、経費削減となりますし、エコという事を深く考えていかなければならない現代の地球において、地球環境にやさしい商品なのです。当サイトはリサイクルトナーを利用する事で費用を安く抑える事が出来るという事をお知らせします。皆様のお役にたてるサイトになれば幸いです。

リサイクルトナーに注目が集まる理由

最近ビジネス用品について、聞くことが多くなった言葉に、リサイクルトナーがあります。リサイクルトナーとは、使用後に回収された使用済トナーを分解して洗浄、必要な部分を交換するなどして、再利用したトナーのことです。このリサイクルトナーの利点はなんといっても非常に経費削減効果が高いことがあります。少なくとも純正品よりも半額くらいは安くなっています。

そして最近のブームともいえるリサイクルトナーの席巻にはリサイクルによる地球環境保護の意識の高まりもあるように思えます。空のトナーカートリッジをごみとして出せば、結構なかさになりますが、必要部品のみを交換して再利用すれば環境負荷は小さくてすみます。そして、純正品と比べても品質が劣らないリサイクル物がでてきているのも見逃せません。ビジネスで使う場合印刷品質が著しく落ちるものは使用がためらわれますが、最近ではリサイクルでも印刷の出来上がりは見分けがほとんどつかないといえます。

環境にやさしいリサイクルトナーで賢く節約

景気が低迷する中、顧客への価格反映は難しく、自社内でコストダウンできるものを探さなければなりません。

その中で、コピー機やプリンターのトナーを純正品からリサイクルしたものに変えてみようかと検討されていませんか?以前は、粗悪品が多く使用することに戸惑いを感じたリサイクルトナーですが、最近では純正品と遜色ないレベルに近づいているので、安心して使用できるようになってきました。

リサイクルトナーの価格は、純正品に比べると価格設定が低くなっているので、お手頃と感じやすいかもしれません。ですが、価格で決めるのはおすすめしません。リサイクルトナーを扱う会社は沢山有り、なかには品質のよくないものを売ったりする会社も存在します。不良品を使ったためにプリンターが不調を起こし、多額な修理代がかかってしまっては意味がありませんよね。トナーを選ぶ時には、品質保証がされているか必ず確認をするようにしましょう。万が一、カートリッジが合わなかったりした時の対応も確認しておくと、より安心できますよね。


リサイクルトナーはエコ