デメリットもある

純正品のトナーとリサイクルトナーは何も違いがないのか、ただブランド名がついているのとついていない、またメーカー保証があるかないかというくらいで、品質に違いがないという事なら、リーズナブルなリサイクルトナーを利用する方がいいじゃないか、と誰もが考えるでしょう。

しかしリサイクルトナーにも全くデメリットがないという事はありません。もちろん、トナーの混ぜ方など、カラー印刷の色合いに違いがある事は間違いありません。純正品とトナーの粉そのものが違う、という事なので、高品質な粉を利用していても全く同じ色を出すという事は不可能なのです。そのため、印刷物に若干、色合いの違いというのが出てきます。

また不具合が起きるという事も、純正品より若干ですが高くなっています。メーカーによって異なるという事もありますが、純正品、汎用品トナーは一般的に約0.5から1%、リサイクルトナーが平均的に2%から3%といわれます。

こうした数字が出ていますが、トナーカートリッジより感光体「ドラム」の不具合率の方がより高くなるといわれています。リサイクルトナーを製造販売する企業は、このトラブルに対応するという事に力を入れ、保証、メンテナンスなど購入後、利用してもらっている時のフォローをしっかり考えているのです。