不具合はパーツから

費用が安い、また不具合もそれほどの差がないという事になれば、リサイクルトナーを利用したいという企業、団体、個人が多くなるという事もわかります。しかしリサイクルトナーだけじゃなく、純正品に関してもプリンターのパーツというのは全くトラブルがないという事はありません。

印字が白抜けする、線が入る、汚れが付く、紙送りがうまくいかないという事も多く、リサイクルトナーなどトナー以外の不具合が多いのが、プリンターという機械の特徴なのです。

例えば、チップ部分にトラブルがある場合、印字できないというエラーになりますし、感光体、ドラムもトラブルが多いです。初期不良としては汚れが付く、というトラブルがありますし、使用状況によるトラブルにはカートリッジ交換の際、ドラムに手が触れてしまったことによって不具合が出てくることがあります。

その他現像ローラーなどの劣化によってトナーがドラムに均一に乗らないなどの不具合も出てきます。リサイクルトナーを利用するようになってからトラブルが多くなったと感じる方も多いのですが、実は機械のせい、という事もあります。そのため、保証などをしっかり付けて、顧客が満足してくれるサービスを提供しているのです。

リサイクルトナーとはどういったものか

リサイクルトナーとはそもそもどういったものであるか。これは電気販売店入り口などでよく使用済みトナー回収ボックスが設置されていると思うが、この回収したものを分解し再利用したものです。中古ではないかという疑問も涌くかもしれないが、リサイクルしているのはカートリッジの部分でありトナーは新品なので問題ありません。格安で入手できるのはカートリッジ代が浮いているということです。リサイクル活用することで環境対策にもなるので私は積極的に利用したいと考えました。

しかし、やはり心配なのはトラブル等は発生しないのかという点です。純正品をお使いくださいと表示のあるプリンタが大半でしょう。不具合が起こっては例え格安で入手できたとしても無駄になってしまいます。稀ではあるがトラブルはないわけではありません。格安で入手する以上トラブルがあるかもしれないことは念頭に入れる必要があります。しかし今後はより利用者が増えるよう、信頼性のおけるリサイクルトナーの更なる技術向上を願います。

プリンタのリサイクルトナー純製品と互換品

カートリッジパソコンで作った文書や写真印刷を、自身で所有しているレーザープリンタやインクジェットプリンタで印刷する人が増えてきました。トナーとは、複写機やプリンターなどで使用される、帯電性を持ったプラスチック粒子に、顔料などの色粒子を付着させたミクロサイズの粒のことを差します。プリンタは紙にトナーを転写させるのに静電気を利用します。

そのときに発生した熱によって色を紙に定着させることで印刷します。トナーはトナーカートリッジと呼ばれる専用の容器に入れられています。それをプリンターに挿入して使用します。カラー印刷の場合ですと、通常シアン、マゼンタ、黄色、黒の4色が用意されます。プリンタの機種によっては、グレーや、蛍光色なども含まれますが、基本はシアン(青系)、マゼンタ(赤・ピンク系)、黄色、黒の4色です。4色の組み合わせによってさまざまな色の組み合わせが生まれます。印刷の特徴はいずれも、プリンタの機種やメーカーによって異なります。

ここでいうリサイクルトナーとは、カードリッジのことを差します。リサイクルトナーは、家電量販店などの専用ボックスでお客様から回収した使用済のトナーを修理、分解、洗浄、部分交換し、純正品と同量の新しいトナーを充填し、再利用可能にしてリサイクルトナーとして売られています。純正品よりも価格が安いのに同等に使用でき、つまりなどの故障が少ないのも最近のリサイクルトナーの特徴です。


不具合はパーツから

デメリットもある

純正品のトナーとリサイクルトナーは何も違いがないのか、ただブランド名がついているのとついていない、またメーカー保証があるかないかというくらいで、品質に違いがないという事なら、リーズナブルなリサイクルトナーを利用する方がいいじゃないか、と誰もが考えるでしょう。

しかしリサイクルトナーにも全くデメリットがないという事はありません。もちろん、トナーの混ぜ方など、カラー印刷の色合いに違いがある事は間違いありません。純正品とトナーの粉そのものが違う、という事なので、高品質な粉を利用していても全く同じ色を出すという事は不可能なのです。そのため、印刷物に若干、色合いの違いというのが出てきます。

また不具合が起きるという事も、純正品より若干ですが高くなっています。メーカーによって異なるという事もありますが、純正品、汎用品トナーは一般的に約0.5から1%、リサイクルトナーが平均的に2%から3%といわれます。

こうした数字が出ていますが、トナーカートリッジより感光体「ドラム」の不具合率の方がより高くなるといわれています。リサイクルトナーを製造販売する企業は、このトラブルに対応するという事に力を入れ、保証、メンテナンスなど購入後、利用してもらっている時のフォローをしっかり考えているのです。

リサイクルトナーのメリットとデメリット

インクリサイクルトナーを使用するメリットは、大幅なコストダウン、経費を大幅に削減できるということです。国内の純正新品トナーと比べると、各メーカーにもよりますが半額から80パーセント価格が安くなります。そして、ゴミを減らし環境に配慮することができるということもメリットの一つです。リサイクルトナーは、熱を加えたりせず、そのままの形でリサイクルすることができるので、二酸化炭素の排出量を削減することができます。全部捨ててもう一度作り直すということをなくしたので、ゴミの量が減ります。

デメリットですが、純正トナーと比べると、製品の不具合発生率、不良品率が高くなります。印字品質が劣るというわけではありませんが、不具合の発生率は、2~10パーセントです。そして、純正トナーでもメーカーやプリンタ機種により同じ色でも異なりはあるものの、やはり純正トナーに比べると、カラーの色合いが若干異なっています。もうひとつ、メーカー保証が利かないというデメリットがあります。純正トナーを使わずにリサイクルトナーを使用するとメーカーの保証対象外となってしまいます。

検討してみて下さい、リサイクルトナー

「あ、トナーのインクが切れそう…」――印刷頻度の多い会社ならよくあります。でも、トナーって意外と高いのがネックですよね。メーカーの保守点検メニューに含まれているところだってありますが、そもそも保守点検パックの値段が高いです。だいたい、用法通り使って入れば、なかなかプリンタは壊れたりしませんからね。

そこで、今後検討してほしいのがリサイクルトナーです。リサイクルトナーとは、使用済みカートリッジを回収し、工場で分解・洗浄・部品交換したうえでトナーを充てんして再度利用できるようにしたものです。ビールや日本酒などのお酒のビンは洗浄して再利用しますよね?それと同じイメージです(ちなみに、正確には「リサイクル」というより「リユース」という方が正しいですがそれはさておき)。

上記の説明でイメージ出来る通り、リサイクルトナーは部品を再利用しているため、値段が純正のものより安いんです。機種にもよりますが、純正の新品より40~80%OFF。お買い得の上に、地球にも優しいわけです。もちろん、純正製品のほうが信頼できる、という方もいるでしょう。

とはいえ、同じ部品を使っているわけだから、動作については全く問題ないわけです。次回のトナー交換の際には、リサイクルトナーを検討してみてはいかがででしょうか?


デメリットもある

リサイクルトナーはエコ

最近企業でも個人でもリサイクルトナーを利用される方が多くなっています。純正のトナーは金額が高く、すべての色をそろえるとかなりの金額になってしまいます。リサイクルトナーはかなり安くしかも品質に優れているものが多いので、利用される方が多いのです。

純正品トナーというのは、プリンターメーカーが製造し、販売しているトナーで、一般的に国内流通ブランド製品を指し、通常製品保証がある商品です。トナーにはメーカーのロゴが入っています。

汎用品トナーもあります。純正メーカーの中でも、自社でトナーの製造、販売を行っているというメーカーは少なく、通常、製造販売を行うOEMに製品の提供を受け、メーカーブランド名で販売だけをメーカーが行うという状態です。国内純正品とならないので、メーカー保証はありません。純正品同様の品質ですが、純正品とならないので、利用する側がどのように考えるかどうか、という商品です。

エコリサイクルトナーというのは、使用済みのカートリッジを分解、残っているトナーをきれいに除去、洗浄し、新品の部品等への交換を行って純正品トナーと同量のトナー充填など行い、組立し、テスト等をしっかり行って出荷、販売するものです。リサイクルトナーは利用する企業にとって、経費削減となりますし、エコという事を深く考えていかなければならない現代の地球において、地球環境にやさしい商品なのです。当サイトはリサイクルトナーを利用する事で費用を安く抑える事が出来るという事をお知らせします。皆様のお役にたてるサイトになれば幸いです。

リサイクルトナーに注目が集まる理由

最近ビジネス用品について、聞くことが多くなった言葉に、リサイクルトナーがあります。リサイクルトナーとは、使用後に回収された使用済トナーを分解して洗浄、必要な部分を交換するなどして、再利用したトナーのことです。このリサイクルトナーの利点はなんといっても非常に経費削減効果が高いことがあります。少なくとも純正品よりも半額くらいは安くなっています。

そして最近のブームともいえるリサイクルトナーの席巻にはリサイクルによる地球環境保護の意識の高まりもあるように思えます。空のトナーカートリッジをごみとして出せば、結構なかさになりますが、必要部品のみを交換して再利用すれば環境負荷は小さくてすみます。そして、純正品と比べても品質が劣らないリサイクル物がでてきているのも見逃せません。ビジネスで使う場合印刷品質が著しく落ちるものは使用がためらわれますが、最近ではリサイクルでも印刷の出来上がりは見分けがほとんどつかないといえます。

環境にやさしいリサイクルトナーで賢く節約

景気が低迷する中、顧客への価格反映は難しく、自社内でコストダウンできるものを探さなければなりません。

その中で、コピー機やプリンターのトナーを純正品からリサイクルしたものに変えてみようかと検討されていませんか?以前は、粗悪品が多く使用することに戸惑いを感じたリサイクルトナーですが、最近では純正品と遜色ないレベルに近づいているので、安心して使用できるようになってきました。

リサイクルトナーの価格は、純正品に比べると価格設定が低くなっているので、お手頃と感じやすいかもしれません。ですが、価格で決めるのはおすすめしません。リサイクルトナーを扱う会社は沢山有り、なかには品質のよくないものを売ったりする会社も存在します。不良品を使ったためにプリンターが不調を起こし、多額な修理代がかかってしまっては意味がありませんよね。トナーを選ぶ時には、品質保証がされているか必ず確認をするようにしましょう。万が一、カートリッジが合わなかったりした時の対応も確認しておくと、より安心できますよね。


リサイクルトナーはエコ